ポカポカ

便秘解消に効果的な「サプリメント」

サプリメントとは、薬ではなく食品の扱いで、不足しがちな栄養素を補うものとされています。
今はドラッグストアや通信販売等で、様々な種類のサプリメントが販売されています。
下剤の代わりに、こうしたサプリメントを上手く利用して便秘解消に励むのも1つの方法です。

薬と違ってあまり強くなく、身体に負担のかからないサプリメントは、慢性的で治療の困難な便秘解消にとって非常に助かる存在です。
下剤、いわゆる薬だと、使用する量や頻度によっては依存症のような形になってしまう恐れがあります。
下剤の服用も毎回でなければ問題ありませんが、できればより自然な状態での改善を目指したいものです。

お腹、特に腸に良いとされるサプリメントは、現代では非常に多くの製品が出回っています。
腸に有効に働く、乳酸菌が含まれているものが多く、錠剤から粉、お茶と形状も様々です。
錠剤であれば外出先でも手軽に摂取することが出来ますし、お茶感覚ならばサプリメントと意識をせずに手軽に摂ることも出来ます。
自分に合った商品を選び、便秘解消がストレスに感じないように上手く利用できると良いですね。

しかし、サプリメントはあくまでも「補助食品」となります。
基本はあくまで日々の生活習慣の改善となってきますので、こちらを無視することの無いように気を付けましょう。
日々の生活に気を配りつつ、足りない部分をサプリメントでカバーする、というスタイルが理想となります。
症状が少しずつ改善されて来たら、だんだんとサプリメントの摂取も減らしていきましょう。

また、サプリメントの中には薬効成分が混じってしまう危険もありますので、注意が必要です。
例えば、センナの茎は食品として流通していますが、センナ自体は薬物扱いになります。
センナの茎に、葉の粉末が付着してしまうこともあり、そうなると知らないうちに薬を服用していることとなります。
薬の中には、長く服用していると、その薬を止めたときに腸管運動が上手く働かなくなってしまうものも存在します。
サプリを摂っていたつもりが、薬も服用してしまっていた、ということにならないよう、購入の際には中身をよく注意して選ぶようにしましょう。